ケイラボラトリー
 
 
経 歴
 
 
ショートエッセイ
 
 
 
 
第8回の講座内容

2005年度秋期実用マイクロ波講座のお知らせ

主催 ケイラボラトリー     小西良弘

無線機設計におけるRF技術のすべて

内容: 近代的な無線機(受信機,送信機)のシステム設計,回路および測定技術をわかりやすく紹介

する。さらに,高周波理論の基礎,受動回路およびトランジスタ回路の応用を体系的に述べる。

   講師:上野 伴希(工学博士) 松下電器産業(株)調査役,社内セミナも行っています。

      本城 和彦(工学博士) 電気通信大学教授

講座日程

日時 講師  教科書

9月14日(水)  13:00−17:00 上野  教科書 A

システム設計概要 上野著

 (1)システム設計の必要性,無線機諸元 無線機 RF 回路

 (2)スーパヘテロダイン,DCRとは 実用設計ガイド

 (3)レベルダイアグラムによるシステム設計

LNAその1

 (1)RFアンプ基本設計,Sパラメータ,インピーダンス整合

 (2)スミスチャート,共役整合,ノイズマッチ

9月15日(木) 10:00−12:00 上野  教科書 A

LNAその2

 (1)NF,NFと受信感度

 (2)非線形3次歪み,IM3,混変調

 (3)NF測定DSB/SSB

9月15日(木) 13:00−16:00 本城  本城著

回路設計のためのレビュー 教科書 B

 (1)フェ−ザー法による電力の表示 超高周波エレクト

 (2)回路網の性質 ロニクス入門

 (3)分布定数回路

 (4)電磁波の伝搬

 (5)進行波理論

10月12日(水) 13:00−17:00 上野  教科書 A

ミクサ

 (1)ペアダイオードによるミクサSBM,DBM

 (2)非線形2次歪み,1/2 - IF,二乗検波歪み

 (3)ミクサ(スーパヘテロダイン)のNF測定

ローカル発振器

 (1)LC発振回路,共振回路と発振周波数

 (2)局発フェーズノイズと受信感度劣化

 (3)OSCフェーズノイズ測定

 (4)PLLの動作,PLLフェーズノイズ

 (5)分数分周PLL

10月13日(木) 10:00−12:00,13:00−16:00 本城  教科書 B

伝送線路の基本的考え方

 (1)マイクロストリップ線路の構造と解析のアプローチ

 (2)マイクロストリップ線路の損失

 (3)2つの反射面に挟まれた空間を伝搬する電磁波

 (4)マイクロストリップ線路の周波数分散特性

トランジスタ動作の基本的考え方−その1

 (1)電界効果トランジスタにおける半導体材料定数、構造定数と性能の関係

 (2)バイポーラトランジスタにおける半導体材料定数、構造定数と性能の関係

 (3)高周波化に関わる半導体材料定数

11月16日(水) 13:00−17:00 上野  教科書 A

変復調

 (1)AM/FMの基礎,変復調回路

 (2)PMを利用したAM変調

 (3)ASK,FSK,PSK概要

 (4)デジタル変調の送信々号帯域制限の必要性

 (5)信号強度と誤り率(符号誤り,BER)

 (6)QPSK,GMSKの原理と変復調

 (7)OFDM

11月17日(木) 10:00−12:00,13:00−16:00 本城  教科書 B

トランジスタ動作の基本的考え方−その2

 (4)異種半導体接合の応用

 (5)SiMOS界面の応用

半導体プロセスとマスク設計

 (1)半導体スループロセスの基本

 (2)結晶成長と不純物のドーピング

 (3)微細パターンの露光

 (4)エッチングプロセス

トランジスタの超高周波性能の向上

 (1)GaAsFET

 (2)HEMT

 (3)HBT

 (4)SiMOS

 (5)SiGeHBT

12月14日(水) 13:00−17:00 上野  教科書 A

PA

 (1)基本設計,ロードプル出力回路整合

 (2)A,B,D,E,F級動作

 (3)ACPR

 (4)プッシュプル回路

 (5)線形補償回路(ポーラ変調)の原理

その他の回路

 (1)LPF,HPF,BPFの設計

 (2)高周波トランスの回路

 (3)ハイブリッド/カップラ/バラン

 (4)RFスイッチ

12月15日(木) 10:00−12:00 上野  教科書 A

ダイレクトコンバージョンRX/TX

 (1)DCRの構成

 (2)GSMとCDMA(プロセスゲイン)

 (3)GSM3次歪テストシナリオ,二乗検波歪み

 (4)DCTの帯域外雑音

12月15日(木) 13:00−16:00 本城  教科書 B

超高周波帯受動回路部品の設計

 (1)集中定数素子

 (2)伝送線路応用デバイス

 (3)集中定数素子と分布定数素子の対応

 (4)その他良く用いられるマイクロ波部品

超高周波回路における非線形回路理論の導入

 (1)線形回路理論の適用限界と非線形回路理論の導入

 (2)非線形回路特有の現象

 (3)マルチキャリアの増幅

 (4)歪み特性の定量的把握

 (5)高調波の処理と電力効率の改善

 (6)超高速デジタル回路